矯正歯科 | ひろせ歯科医院

  • TOP  > 
  • 矯正歯科

矯正歯科

歯ならびを治すことによって見た目を美しくするだけでなく、かみ合わせを整え、虫歯・歯周病を予防したり、アゴの骨の成長バランスを整えたりと、様々な面で健康に寄与します。

歯並びの矯正治療は何のために行うの?

笑顔のために

歯並びが悪くて損をしている人はたくさんいます。歯並びの矯正で顔全体のバランスが良くなれば、笑顔も魅力的なものとなり、自信回復にもつながります。

むし歯・歯周病・口臭予防のために

歯並びが悪いと、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。でこぼこした歯並びでは、うまく歯ブラシがあてられず、どうしてもみがき残しが出てしまうからです。また、むし歯や歯周病は口臭の大きな原因になるといわれています。矯正治療で、そのようなリスクを回避することができます。

健康のために

噛み合わせが悪いと、良く噛めないために消化不良を起して医や腸に負担がかかったり、顎関節症、肩こり、頭痛の原因になることもあります。

お子様のあごの成長のために

お子様の場合、歯並びを矯正することによって上下のあごがバランスがよく育ち、顔貌が整います。

正しい発声のために

歯並びを矯正することで、正しくハッキリとした発音で会話をすることができるようになり、コミュニケーションに自信が持てます。

スポーツのために

しっかりした噛み合わせはあらゆる運動の基本。噛み合わせが悪いままスポーツをすると、体のいろいろな箇所に故障をきたすことがあります。プロスポーツ選手でもシーズンオフに矯正のワイヤーをつけているのをよくテレビで見かけますよね。

矯正治療と年齢

小児矯正治療

7~12歳は、アゴの成長や永久歯の生え変わりが盛んに起こる時期です。その時期に合わせてアゴの成長バランスを整えたり、永久歯の生えるスペースを獲得し、大きな問題を取り除きます。

  • 拡大床装置
  • 舌側弧線装置
  • マルチブラケット装置
    (部分)

成人矯正治療

12歳以降は、すべての歯が永久歯になっている時期です。そこですべての歯にワイヤーの装置を取り付け、1つ1つの歯を正しい位置にならべます。 ワイヤーの装置の種類は目立たないものなど色々あります。

  • スタンダード矯正

    表側に透明な装置と銀色のワイヤーを用います。最も低コストで治療が受けられます。

  • ホワイトワイヤー矯正

    表側に透明な装置と白色のワイヤーを用います。やや目立ちにくい治療を行うことができます。

  • 舌側矯正

    裏側に装置を付けます。他の人に気づかれずに治療を終えることができます。
    舌側矯正治療についてくわしくはこちら

  • 部分矯正

    気になる部分にのみ装置を付けて治します。最初の歯ならびの状態によっては適応にならない場合もありますので、まずはご相談ください。

小児矯正の流れ

歯並びの種類

正常咬合らんぐい歯(叢生)八重歯
正しい歯並び、噛み合わせの状態です。 歯が部分的に重なってしまっている状態です。抜歯が必要な場合もあります。 八重歯も乱ぐい歯の一種です。
開咬上顎前突症 下顎前突
上の歯の列と下の歯の列に隙間ができてしまって、しっかりと噛み合わせることができない状態です。 一般に、出っ歯と呼ばれるもので、噛みあわせをした時に、上側の歯の列が前の方へ突き出してしまっている状態です。 一般に、受け口やしゃくれと呼ばれるもので、噛みあわせをした時に、下側の歯の列が前の方へ突きだしてしまっている状態です
上下顎前突 空隙歯列 交叉咬合
上下両方ともの歯が前の方へ突き出している状態です。 一般に、すきっ歯と呼ばれ、歯の間に隙間ができている状態です。 奥歯もしくは前歯の左右どちらかが、横にずれてしまっている状態です。
顎関節症の原因ともなりうるので、治療が必要です。
正中離開 過蓋咬合切端咬合
前歯真ん中、手前2本の隙間があいていて、歯が離れている状態で、すきっ歯とも言われます。 下の歯が上の歯によって、噛みあわせた時に覆われて、完全に隠れてしまう状態です。 前歯の上と下の先っぽで噛みあって、先端同士がぶつかっている状態です。

矯正装置の種類

審美ブラケット

見た目を重視される患者様にご選択いただくことが多く、セラミックや樹脂製の歯の白い色に近いという長所があります。
当院ではメタルブラケットを使用しません。すべて審美ブラケットを標準価格でご提供いたします。

舌側弧線装置

主に小児矯正の時使用し裏側からバネの力で咬みあわせをなおしたり、歯の並ぶスペースを確保したりする装置です。

拡大床

歯列の横幅を広げたり、数歯の移動を目的とした装置です。中央のネジを調整し、装置の幅をゆっくりと広げ、顎の骨を押し広げていきます。

歯ならびは治したい。でも装置は見られたくない。舌側矯正はそんな方におススメの矯正です。

おススメの方
・矯正装置を見られたくない方
・成人式・結婚式など、写真撮影を控えている方
・モデル・営業の方
おススメできない方
・歌手やアナウンサーなど(舌側矯正装置が舌に当たるため)
叢生(ガタガタ)
出っ歯(上顎前突)
受け口(下顎前突)
過蓋咬合(深い咬み合わせ)
開咬(前歯が咬まない)

*上の画像は治療の一例です(仕上がりには個人差があります)

舌側矯正治療のメリット
・他の人に気づかれずに治療ができる
・治療中、虫歯になりにくい
舌側矯正治療のデメリット
・装置代が高額になる
・治療中、発音が少ししづらくなる(個人差があります)

審美ブラケット

舌側矯正の治療期間はどのくらいですか?
治療期間は外側の装置と同じです。 ケースによっては舌側矯正の方が早く治ることもあります。
仕上がりの状態に外側の矯正と違いはありますか?
外側の矯正装置で治療した場合とまったく同じです。
舌側矯正費用は外側の矯正の費用と違うのですか?
舌側矯正には特別な装置と技術が必要なため、外側の装置よりも高くなります。
舌側矯正をすることによって、発音がしにくくなりますか?
話しにくくなる程度は患者さんの歯並びの状態や舌の位置によって違います。 通常数週間で普通に話せるようになります。
歯磨きは難しいですか?
外側の装置と比較して特に難しいということはございません。 外側の装置と同様に歯科衛生士が指導致します。

お支払いについて

治療費は装置が入った時点でのお支払いになります。
(診断を行い、治療方針に同意をいただいてからになります)
治療費のお支払は院内分割可能です。
カードはお取扱いできません。ご了承ください。

矯正無料相談実施中
学校歯科健診