矯正歯科 | ひろせ歯科医院

  • TOP  > 
  • 矯正歯科

矯正歯科

楽しくおしゃべりをしたり、親しい人と食事をしたり、笑ったり…。人が人らしく生活する上で口が果たす役目や影響力はとても大きなもの。乱れた歯並びは外見への影響はもちろん、体の健康や自分の内面にも大きく影響します。歯並びの矯正は体全体の美と健康の重要なカギ。もう一度自分の口元から見直してみませんか?当院では日本矯正歯科学会認定医が治療いたします。

歯並びの矯正治療は何のために行うの?

笑顔のために

歯並びが悪くて損をしている人はたくさんいます。歯並びの矯正で顔全体のバランスが良くなれば、笑顔も魅力的なものとなり、自信回復にもつながります。

むし歯・歯周病・口臭予防のために

歯並びが悪いと、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。でこぼこした歯並びでは、うまく歯ブラシがあてられず、どうしてもみがき残しが出てしまうからです。また、むし歯や歯周病は口臭の大きな原因になるといわれています。矯正治療で、そのようなリスクを回避することができます。

健康のために

噛み合わせが悪いと、良く噛めないために消化不良を起して医や腸に負担がかかったり、顎関節症、肩こり、頭痛の原因になることもあります。

お子様のあごの成長のために

お子様の場合、歯並びを矯正することによって上下のあごがバランスがよく育ち、顔貌が整います。

正しい発声のために

歯並びを矯正することで、正しくハッキリとした発音で会話をすることができるようになり、コミュニケーションに自信が持てます。

スポーツのために

しっかりした噛み合わせはあらゆる運動の基本。噛み合わせが悪いままスポーツをすると、体のいろいろな箇所に故障をきたすことがあります。プロスポーツ選手でもシーズンオフに矯正のワイヤーをつけているのをよくテレビで見かけますよね。

矯正治療と年齢

小児矯正治療

将来的になるべく歯を抜かずに矯正治療ができるように、永久歯の生えるスペースを作ったり、上あごと下あごの成長バランスを整えたりする治療です。
すべての永久歯が生えそろうまでの、約12歳までが小児矯正治療の対象になります。

成人矯正治療

すべての永久歯に装置をつけて、ガタガタや出っ歯を治して美しい口元を作ると同時に、上下の噛みあわせを調える治療です。
歯と歯ぐきが健康なら、何歳からでも治療は可能です。

小児矯正の流れ

歯並びの種類

正常咬合らんぐい歯(叢生)八重歯
正しい歯並び、噛み合わせの状態です。 歯が部分的に重なってしまっている状態です。抜歯が必要な場合もあります。 八重歯も乱ぐい歯の一種です。
開咬上顎前突症 下顎前突
上の歯の列と下の歯の列に隙間ができてしまって、しっかりと噛み合わせることができない状態です。 一般に、出っ歯と呼ばれるもので、噛みあわせをした時に、上側の歯の列が前の方へ突き出してしまっている状態です。 一般に、受け口やしゃくれと呼ばれるもので、噛みあわせをした時に、下側の歯の列が前の方へ突きだしてしまっている状態です
上下顎前突 空隙歯列 交叉咬合
上下両方ともの歯が前の方へ突き出している状態です。 一般に、すきっ歯と呼ばれ、歯の間に隙間ができている状態です。 奥歯もしくは前歯の左右どちらかが、横にずれてしまっている状態です。
顎関節症の原因ともなりうるので、治療が必要です。
正中離開 過蓋咬合切端咬合
前歯真ん中、手前2本の隙間があいていて、歯が離れている状態で、すきっ歯とも言われます。 下の歯が上の歯によって、噛みあわせた時に覆われて、完全に隠れてしまう状態です。 前歯の上と下の先っぽで噛みあって、先端同士がぶつかっている状態です。

矯正装置の種類

審美ブラケット

見た目を重視される患者様にご選択いただくことが多く、セラミックや樹脂製の歯の白い色に近いという長所があります。
当院ではメタルブラケットを使用しません。すべて審美ブラケットを標準価格でご提供いたします。

舌側弧線装置

主に小児矯正の時使用し裏側からバネの力で咬みあわせをなおしたり、歯の並ぶスペースを確保したりする装置です。

拡大床

歯列の横幅を広げたり、数歯の移動を目的とした装置です。中央のネジを調整し、装置の幅をゆっくりと広げ、顎の骨を押し広げていきます。

お支払いについて

支払方法は分割などの設定もございます。お気軽にお電話で相談ください。

矯正無料相談実施中
学校歯科健診